高速バスで移動しやすい【手続きがラクラク】

ニュース一覧

路線による特徴

バス

安さ以外のメリット

移動料金が安いことから人気になっている高速バスですが、大きく路線で分けると大都市間の路線と都市と空港を結ぶ路線、それに地方都市の路線の3種類があります。大都市を結ぶ高速バスの特徴は飛行機や新幹線といった移動手段より格安で移動できることがあげられます。高速バスといっても飛行機や新幹線と比べると移動時間はどうしてもかかってしまいます。しかし、飛行機や新幹線は深夜帯に運行できないのに対して、高速バスは夜間走行することができるので、夜間寝ている間に移動してくれて早朝目的地に到着することによって時間を有効に使うことができます。空港と都市を結ぶ高速バスは、大きな荷物を運びやすく、座席もゆったりしたシートを選ぶことが可能です。海外旅行のときには大きな荷物を持ち運びするのに駅で乗り換えをするのは大変です。空港まで直行してくれる高速バスであれば、荷物の持ち運びを最小限にすることができます。飛行機のビジネスクラスのようなゆったりしたシートのバスも運行しています。地方都市で運行している高速バスは、鉄道では大都市のターミナル駅まで出てから乗換えをしなければならないため、乗り換えの手間や遠回りをすることによる時間のロスがあります。地方都市から目的地まで直行できる高速バスは乗り換えもなく、時間の無駄もありません。それでいて、高速バスのメリットである格安さも残されているので、特にメリットの大きい移動方法だと年々路線の数が増加しています。